2016年 新生阪神 金本知憲

画像

2016年の指揮官が金本知憲氏になりました。

正直、平田勝男氏から掛布雅之氏へという既定路線と思っていましたが1985年優勝世代を飛び越えて
2003年優勝世代へと一気に世代交代しました。
野村、星野両氏の外様監督のあと1985年優勝世代の岡田彰布氏、真弓明信氏、和田豊氏と続きましたが
編成側も重い腰を上げ若い世代ファンの要望をくみイメチェンを図ったのでしょう。

画像


てか。
怖いんですけど。怖すぎます
前監督の存在感が薄かっただけにさらに・・・
俊介さんなんてしっぽ巻いて脱兎のごとく逃げ出してますやん。



当然BGMはどこからともなく自然とこれが流れてきます。
他球団のOBが阪神キャンプを訪れるとその緩さに驚くそうですが、今年は広島バリの地獄のキャンプと
なるのでしょうか。しごかれてグランドに這いつくばる選手の眼にはこのBGMを背景に金本監督が
映るのでしょう。それも仁王立ちで半笑いの・・・・こわい


今までの阪神首脳陣は「主力にケガをされてしばらく欠場されるくらいなら練習は抑えておこうや」と
公然と発するくらいでしたが、ガラッと変えてくれるでしょう。

「超変革 Fighting Spirit」

がチームのスローガンに掲げられました。どう変わるのか楽しみにしたいです。

「とにかく全部変えていかないと勝てないことがわかりましたから」
監督就任時のコメント。それまでの首脳陣があっさり全否定されました

「外野出身の監督はアカン、試合中はボーっと試合見てるか、次の打席のバッティングのことしか
 考えておらんのやから野球のことを知らなさすぎる」

野村氏の持論です。その持論を跳ね返すことができるでしょうか。



http://1985443116.at.webry.info/201209/article_12.html

さてさて、このころからベンチ内では当時の監督より断然貫録はありましたが
どうなりますやら。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック