2016年 阪神安芸キャンプ訪問 7日目 

7日目でーす
とうとう天気予報では雨となりましたが・・・1日何とかもってくれました ホッ

画像


画像




昨日のハンファ戦はノーサインだったようですが、練習のためベンチ、コーチャー、選手とブロックサインは
出していたようですが、新コーチ平野さんは慣れないようで、翌日になってもいじられていました。





梅さんの髪型かっこいいす。横から見たら矢吹丈でした


「そこらへんのボールと代えとけばええんや」
まだウイニングボールを紛失した小豆畑捕手がいじられていました。




小豆畑捕手のウイニングボール自虐ネタw
さすがに哀れに思ったのか新聞によると審判団から「ボールバッグにはちょうど1個しかなかったので
これが誤って渡されたウイニングボールです」と戻ってきたとか。
「どうきいてもウソやろおおー



さすが関西人ファン、真剣にキャッチボールしてるのに個人的に話しかけますw
それに真面目に答える新人髙山くん



執念の俊介




板山選手のセカンド。もう様になっています。


青柳さん。
青柳さんと言えば

画像


この色紙
超インパクトです。他にも300冊のマンガを持ち込んだりとネタに事欠きません、帝京さん。

・サイドスロー(小林繁)
・字が書けない(マイク仲田)
・薄毛(掛布雅之)
・半開きの口(岡田彰布)
・出歯(井川慶)

阪神の顔になる要素は十分です がんばれ。



とにかく掛布監督は髙山選手が気になってしょうがありません


代打の神様候補。今年もよろしくお願いします。でも、レフトレギュラーとってもええんやで。




坂選手の守備練習のグラブさばきはもう見ていて惚れ惚れします







ファールボールが取れそうで取れなくて取れそうで取れなくて、、、
こんな、エサが欲しい金網越しのお猿さんをよく動物園で見ます
結局お猿さんはエサが取れないのですが人間様は獲れました


日本人のストッパーが誕生したら楽なんですけどねえ。がんばれ。


安藤さんも滑ったというサブグランドへのすべり台。





田中秀太スカウト参上。



って、昨日沖縄で大舞台を終えたばかりでもう今日は安芸に。お疲れ様です。



居残り特打。連発したらあがって良し。板山選手その気になればそこそこ長打力もあります。


そして原口選手の連発したらあがって良し。もうそりゃ飛距離抜群です

さらにこの二人は一軍にあがって良し、になりました



メイングランドからサブグランドへの通り道。選手とコンタクトとれる唯一の場所です。
でも選手のほとんどが迷惑そうな顔をしています。エクスキューズ程度に足早で2、3人にサインをしながら
サブグランドへ去って行きます
群集心理でサインの列ができるとつい並んでしまいますが、せっかくもらった色紙はいつもクローゼットの中で
眠っています。他の人はどうなのでしょうか。サインは子供限定というルールを作っても良いと思います。
ネットオークションにも出まくってますし

昔、プリンス荒木投手がヤクルトに入団フィーバーした時は避難用に地下トンネルを掘ったそうですが
安芸球場もここにトンネル掘ってあげてもいいのではないでしょうか。
特打をしたあと、震える手で書くのも大変でしょうし、汗も冷えるでしょうし。
ただまじかに選手を見れると「デケー」と感動が出来る場所ではあります。





掛布監督はいつでもファンサービスはかかしません

ただこのカードが曲者です
秋のキャンプの際は毎日ファン全員に直接サインをしたようですが、腱鞘炎の一歩手前になったとのこと。
色紙に文字を書くって結構負担なんですよね。「春季キャンプでもサインのサービスは出来る限り
しますよ、ええ。」とコメントがあったので大いに期待をしていました。え?話が違う?
掛布さんのサインは別物です、ええ。是非とも家宝にしたい代物です。
今回は硬球を購入のうえ準備万端。サインボールをゲットし床の間に飾ります。それが一番の目的です

ところが初日からサイン書きはなしでサインカードを配るのみ。どうやら腱鞘炎予防で球団からサイン禁止令が
出た模様。サイン拒否は騒動になるのでまたそこは関西商人。事前にファームスケジュールカードに監督の
サインを書いておいてそれを配布するようにしました。サインがあるので捨てられない、嫌でもスケジュールを
見るので鳴尾浜に行きたくなる。さすが関西球団です


以前のテレビでスター選手が「目の前で直接サインを書いていないものは100パー、スタッフが書いたもの
ですよ、ガハハハ」と暴露していました。そりゃそうです。サイン会ならおこずかいがもらえますが、
何が悲しくて無料で、そして練習時間を割いてせっせこせっせこサインを書く人がいますでしょうか。

掛布監督のサインカードも毎日200~300枚配っています。腱鞘炎になる人に宿舎で1時間もかけて
毎日サイン書かせるわけがありません
逆にその1時間で若い選手の素振りを見てもらっているほうがどれだけいいことか。

ということで当初、監督がカードを配っていてもスルーしていました

が、

画像


結局、4枚いただいてしまいました

実は2日前の練習最後まで付き合っていたファンはちょうど10人。
監督室から車で出てきましたので皆で出待ち。この人数なら直接サインを頂けるだろうと
お互いでアイコンタクトをしながら整然とキッチリ一列に並び色紙、ユニ、ボールを用意して待ちます。

全員お辞儀で待ちます。

車が列の前で止まります。

パワーウインドウが「ウイーン」と下がります。

監督が顔を出します。

「おおおお」

ついに直接のサインを頂ける

しかし地獄の底へ落とし込まれる一言が。

「すみませんねえ。あのですね、球場ではサインできないんですよ。ええ」



「でもほら、このカードあげますから。ええ。ほらここにサインありますから。ええ。」




いや、ですからそのカードは・・・・・。





でもありがたくいただきました。
だって掛布さんと握手ができるんですもん
神様ですから両の手でしっかりと握らせていただきます。ゴツゴツの手を想像していましたが
とても柔らかかったです(乙女か!)

それからはカード配りの列に並びまくりました。握手ができるんですもん

今ではこのサインがご本人の物でありますようにと祈りながら額縁に入れている次第です



はてさて今日も高知城にのぼりました。曇天の今日はとうていサンセットは望めません。
明日が最終日なので今回の旅ではサンセット高知城は達成できませんでした。またの機会に。

画像


今日も、まずひろめ市場で餃子を堪能し

画像


画像


高知グルメと仙頭の梅酒
まえから探していた鍋焼きラーメンもみつけました。まいうー


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック