2016ドラフト会議観覧

グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールへ行ってきました。
観覧応募したら見事当選してしまいました
学生時代は授業そっちのけで毎回、ラジオのイヤホンを制服の袖から遠し
ドラマの顛末に聞き入っていました。
それがついにちょくせつ現場会場で観覧できる幸運にめぐりあいました。
一生の思い出です。


画像


案内に沿って会場に近づきますワクワク。

画像

受付開始時間は15:30で30分前に到着するもすでに野球オタクの軍勢が・・・。

画像


画像



画像


受付で招待状を受け取ります。

画像


お土産セットです。うれしい。


画像


いざ会場へ!

画像


画像


画像


画像














会議が始まると撮影禁止なのでここからは音声のみです。








































ドラフト会議観覧しての雑感。

・グランドプリンスホテル新高輪というセレブホテルのロビーを1000人の野球オタクが1時間以上
 ジャックします。高い宿泊料を払って泊まっているファミリーには本当に申し訳ないです。
 ブルジョワ旅行気分を味わうつもりが、ジーパンにリュック、小脇にスポーツ新聞をはさんだ
 団体が居座っているのですから、そりゃもう幻滅でしょう。
 行列は外に並ばせてもいいと思います。敷地はだだっ広いのですから。
・ジーパンにズック、またはレプリカユニフォーム、またはハッピで参加している人がほとんど
 でしたが厳かな会議なので正装を義務付けてもいいと思います。
・てか、会場広! 平面な会場なので全然見えませーん
 結局、みんな会場脇に設置されたテレビを見ています
・いい経験にはなりましたが、家でテレビを見ながらだと、PCで検索しながら動画を探したり
 子供時代のエピソードなどを見ながら話題がふくらみますが会場ではそれができません。
 監督とかの表情もわかりませんし、そもそも球団の誰がテーブルについているかも認識できません。
 やっぱりテレビでいいかなと。
・情報によるとアンジャッシュ渡部師匠も観覧していたとか。どんだけ野球熱高いのでしょうか
 忙しい身なのに。ただただ敬服です
・ドラフト会議は今や完全にショー化されています。1000人の言わば野次馬がわこうどの将来への
 分かれ道を
 ウワーーー
 エーーーー
 ガハハハハ
 と見物しています。
 自分に置き換えてみますと、就活の時は非常にデリケートになっています。それを第三者に
 騒ぎたれられるのは耐え難いです。
 やはり昔みたいに関係者のみで静かに密室で行う様式に戻してもいいかなと。

いやーしかし5時間観覧しましたので、ただただ疲れました



 



プロ野球 2014 ドラフト会議 観覧記念 ピンバッチ リポビタンD
レッツ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロ野球 2014 ドラフト会議 観覧記念 ピンバッチ リポビタンD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック